専業主婦の方に限りませんが・・・

学校を卒業したり、会社を辞めたりと

社会とのつながりが薄くなってしまうことによって
「新聞」などの、世の中の動きを知るための媒体を
利用しなくなってしまうことが多い傾向があります。

就職活動をしていた時や、OLだった時はしっかり呼んでいたはずの新聞も
「別に読まなくてもいいじゃん」となりがちです。

実際に、読まなくて困ることはないようにも思えます。

無意識のうちに世間に置いていかれてしまう

新聞を読まなくなった代わりに、何をしているかというと
パートや子育てで忙しいこともあるかもしれませんが
スマホやワイドショーなどに時間がとられている人が多いようです。

THE専業主婦です。

知っていることといえば・・・

芸能人の誰が結婚した、離婚した、不倫した(タイムリー)等の
はっきり言ってしまえば、どうでもいい情報です。

頭に入る情報というのは、限界がありましてや
衰えている頭はどうでもいい情報ですぐに一杯になり
大切なこと、考えるべきことが入る余裕はすぐになくなります。

大切なことは「癖」を付けること

もちろん、新聞を読むだけでは頭がよくなたり
必しも、お金持ちになれるわけではありません。

しかし、もう一度立ち上がるきっかけとして
「毎日新聞を読む」ということを始めてみましょう。

あくまで「きっかけ」です。

新聞はネットに取って代わるとか

流通量は劇的に減ってくるとか

言われることもありますが、1日100円程度で
効率的に情報を得ることができるものは他にありません。

確かにネットニュースの方がなにかと効率がいいですし、即効性があります。

でも、何より日経新聞読んでる主婦ってなんだかカッコよくないですか?

私は形から入ってしまうパターンが多く、
カッコをつけていると、テンションが上がってきます。

そして、興奮というかアドレナリンを出すきかっけは
たいていそんなものであり、雰囲気が大事だったりします。